HOME > くらしの情報 > 住宅・宅地 > 鶴居に住む > 鶴居村移住情報

鶴居村移住情報

鶴居の魅力

(ふりがな)/つるいむら
市町村名/鶴 居 村
役場所在地/〒085-1203 北海道阿寒郡鶴居村鶴居西1丁目1番地

首都圏からのアクセス/
羽田から釧路空港へ1時間20分
空港から鶴居市街までバスで40分

人口2,535人(平成29年11月末)
人口密度4.4人/平方キロメートル
高齢化比率27.1%

鶴居村ってどこ?

鶴居村は、北海道釧路総合振興局管内のほぼ中央に位置し、東は標茶町、北西は釧路市阿寒町・弟子屈町、南は釧路湿原国立公園を挟んで釧路市や釧路町に隣接しています。
釧路市から村の中心地「鶴居市街」まで車で40分、釧路空港からも約40分のところにあります。ここが鶴居村です。

村名の由来

鶴が居るから鶴居村。と安易な村名と思うかも知れませんが、タンチョウは釧路湿原の中で営巣や子育てをしています。
特別天然記念物タンチョウの生息繁殖地に因み、村名を「鶴居村」と称しています。

気候風土

気候は冷涼であるものの、夏季は釧路沖で発生する海霧(ガス)に時折覆われることはありますが、内陸型気候により比較的温暖な日が続きます。冬季は雪が少なく晴天の日が多い。風向きは季節風の関係で、夏は南から冬は北西からの風が比較的多い。

新しい村づくりが、進んでいます。

第4次鶴居村総合計画が平成20年4月からスタートしています。この計画は、平成29年度を目標年次とする計画で「夢・チャレンジ 鶴居びと」~四季の詩が流れる大地~をテーマとするむらづくりの指針です。

~豊かな自然に囲まれた「森の中の住宅地」~

鶴居村では、村民の定住促進や移住者の受け入れのために宅地の分譲販売を行っています。

下幌呂希の杜団地第1期や下幌呂夢の杜団地第2期および第3期分譲地は、釧路湿原国立公園が眼下に広がる自然環境豊かな場所にあり、釧路市や釧路空港などにも車で20分程の距離にあります。

同団地には、団地内道路の舗装や上下水道が完備されており、遊歩道やレンガ貼りの公園も合わせて整備されています。

中幌呂分譲地は、自然環境豊かな場所にあり、釧路市や釧路空港などにも車で25分程の距離にあります。また、自家菜園用の畑を貸し出しています。

医療施設および福祉施設(H29.4月現在)

病院(精神科)1 診療所1 歯科1 老人保健施設1 介護療養型医療施設1 デイサービスセンター1 ホームヘルプサービス事業所1 居宅介護支援事業所1 短期入所療養介護事業所1

鶴居村には、他にはない施策がたくさん!!!

◆ 輝く住ま居る支援金(定住住宅取得に対する支援) 最大150万円
◆ 児童・生徒(15歳以下)医療費無料
◆ 高等学校等人材育成支援金(生徒1人につき月額1万円)
◆ 妊婦健康診査費無料(平成20年7月~)
◆ 特定不妊治療費助成(平成20年7月~)
◆ 第2子以降出産時祝金支給(第2子20万円、第3子以降30万円)
◆ 第3子以降小学校入学時祝金支給(20万円)
◆ 釧路市内への高校通学バス運行
◆ 紙おむつ処理用指定ごみ袋支給(乳児,要介護者等)(平成20年7月~)
◆ 高齢者への給食宅配サービス(平成20年7月~)
◆ 65歳以上70歳未満医療費助成
◆ 介護サービス自己負担助成(居宅8サービス)
◆ 70歳以上温泉無料入浴券配布
◆ 村立診療所への無料患者送迎バス運行など

移住までのお手伝い

<移住相談ワンストップ窓口>

鶴居村では、U・Iターン希望者を応援するため、地域生活住居情報などを提供する移住相談窓口を設置し、新しい生活への不安や疑問を解消できるよう、情報の提供や相談業務を行っています。

私たちが責任を持って、ご対応させて戴きます!
お気軽にお尋ねください。
役場企画財政課企画調整係
担当者氏名 主担当 渡辺  副担当 石塚、佐々木

TEL 0154-64-2112(課直通)
FAX 0154-64-2577

移住体験(ちょっと暮らし)住宅について

村有住宅(移住体験住宅)の予約状況をお知らせします。
また、村有住宅には、テレビ、暖房、家具他を完備していますので、安心してご利用いただけます。設備の詳細についてはお問合せください。
※申込期間は最大で2ヶ月間とさせていただきます。

《平成30年度分(平成30年4月から平成31年3月)を受付中です》

このページの担当は

鶴居村役場 企画財政課
〒085-1203 北海道阿寒郡鶴居村鶴居西1-1
TEL 0154-64-2112 FAX 0154-64-2577


鶴居村の主なイベント

鶴居村移住情報

鶴居村議会

例規類集

「日本で最も美しい村」連合

  • 鶴居村は「日本で最も美しい村」連合に加盟しています。