HOME > くらしの情報 > 保険 > 健康保険 > 限度額適用認定証について

限度額適用認定証について

限度額適用認定証について

69歳以下の方、70~74歳の低得者I・II、現役並みI・IIの方は、「限度額適用認定証」を医療機関の窓口に提示することにより、医療機関に支払う自己負担額(保険診療外の費用や食事代等を除く)が一定の額(自己負担限度額)までとなります。

※住民税非課税世帯の方には入院中の食事代等の減額認定を兼ねた「限度額適用・標準負担額減額認定証」を発行します。

対象者

※70~74歳の現役並みⅢと一般の方は、「高齢受給者証」を医療機関に提示するだけで、自己負担限度額までの支払いとなるため、「限度額適用認定証」の申請は必要ありません。

※69歳以下の方は、保険税に滞納があると、「限度額適用認定証」を交付できない場合があります。

申請手続き

次のものを持参し、住民生活課の窓口で申請してください。

限度額適用認定証の有効期間

申請した月の初日から毎年7月末日までです。引き続き必要な方は、再度申請してください。

このページの担当は

鶴居村役場 住民生活課
〒085-1203 北海道阿寒郡鶴居村鶴居西1-1
TEL 0154-64-2113 FAX 0154-64-2577


鶴居村の主なイベント

鶴居村移住情報

鶴居村議会

例規類集

「日本で最も美しい村」連合

  • 鶴居村は「日本で最も美しい村」連合に加盟しています。