HOME > くらしの情報 > 福祉・介護 > 介護 > 各種手続

各種手続

サービス利用までの手続(認定申請等)

要介護認定申請書(要介護認定区分変更申請書) 介護保険を利用するには、本人又はご家族が役場の保健福祉課介護保険係に被保険者証を添えて「要介護認定申請書」を提出 し、要介護認定等を受ける必要があります。(すでに認定を受けている場合は、有効期限満了の60日前から「更新申請書」を、介護度に変更が生じた場合は 「要介護認定区分変更申請書」を提出します。)
居宅サービス計画作成依頼届出書 要介護認定等を受け、居宅介護支援事業者に居宅サービス計画(ケアプラン)の作成を依頼したときは、保健福祉課介護保険係に「居宅サービス計画作成依頼届出書」を提出します。
介護予防サービス計画 要支援認定を受け、鶴居村包括支援センターに介護予防サービス計画(ケアプラン)の作成を依頼したときは、鶴居村包括支援センターに[介護予防サービス計画作成依頼届出書]を提出します。

サービス利用後の手続(償還払い)

福祉用具購入費支給申請書 福祉用具を購入した場合は、購入した福祉用具のパンフレットと領収書を添えて「福祉用具購入費支給申請書」を提出します。
住宅改修費支給申請書 住宅の一部を改修する場合には、事前に改修前の写真、設計書等関係書類および介護支援専門員(ケアマネージャー)が作成 した住宅改修が必要な理由書を添えて,[住宅改修費支給申請書]を提出します。(住宅所有者の承諾書が必要な場合があります。)工事完了後は、改修後の写 真、住宅改修に要した領収書、工事内訳書等の費用発生の事実がわかる書類を添えて保健福祉課介護保険係へ提出します。これで正式な支給申請が行われたこと になります。

被保険者資格の手続

引っ越してきたときには 【介護保険を利用していた場合】転入の届出を終えたら、前住所地で交付された受給資格証明書を持参して、保健福祉課で手続をします。
【介護保険を利用していない場合】転入の届出がされると、介護保険被保険者証が郵送されます。
引っ越すときには 【介護保険を利用していた場合】転出の届出を終えたら、介護保険被保険者証を持参して、保健福祉課介護保険係で受給資格証明書の交付を受けてください。
【介護保険を利用していない場合】転出の届出を終えたら、介護保険被保険者証を保健福祉課介護保険係に返却してください。
村内で転居する場合や
名前等の変更があるときは
変更の届出を終えたら、介護保険被保険者証を持参して、保健福祉課介護保険係で手続をします。
お亡くなりになったときには 後日、介護保険被保険者証を保健福祉課介護保険係に返却していただきます。ご家族の方の口座がわかるもの(預金通帳等)をお持ちください。*介護保険料が還付される場合があります。
介護保険被保険者証について ・65歳になると、役場から保険証が郵送されます。(申請手続は必要ありません。)
・40歳から64歳までの方は、「被保険者証交付申請書(2号被保険者用)」により申請が必要です。
・保険証を破損、紛失したときは、保健福祉課介護保険係に「被保険者証等再交付申請書」を提出して、再交付を受けてください。また、要介護認定を受けるたびに、新しい保険証が交付されます。

このページの担当は

鶴居村役場 保健福祉課
〒085-1203 北海道阿寒郡鶴居村鶴居西1-1
TEL 0154-64-2116 FAX 0154-64-2577


鶴居村の主なイベント

鶴居村移住情報

鶴居村議会

例規類集

「日本で最も美しい村」連合

  • 鶴居村は「日本で最も美しい村」連合に加盟しています。