HOME > くらしの情報 > 防災・防犯 > (表題)

(表題)

土砂災害警戒区域

土砂災害警戒区域とは

 土砂災害から国民の生命を守るため、土砂災害の恐れのある区域についての危険の周知、警戒避難体制の整備、一定の開発行為の制限、建築物の構造規制、既存住宅の移転促進等のソフト対策を推進しようとするものです。

土砂災害防止法制定の背景

 土砂災害は毎年のように全国各地で発生しており、私たちの暮らしに大きな影響を与えています。また、その一方で、新たな宅地開発が進み、それに伴って土砂災害の発生するおそれのある危険な箇所も年々増加し続けています。そのような全ての危険箇所を対策工事により安全な状態にしていくには、膨大な時間と費用が必要となってしまいます。
  そのような災害から人命や財産を守るため、土砂災害防止工事等のハード対策と併せて、危険性のある区域を明らかにし、その中で警戒避難体制の整備や危険箇所への新規住宅等の立地抑制等のソフト対策を充実させていくことが大切です。

区域の指定

鶴居村の土砂災害警戒区域等

本村では、平成31年3月1日付けで3つの土砂災害警戒区域が指定されました。

指定区域名 所在地 自然現象の種類

Ⅱ-9-53-2147

鶴居 鶴居東3丁目

阿寒郡鶴居村鶴居東三丁目

 

急傾斜地の崩壊

 

Ⅱ-91-0420

中雪裡西1の沢川

阿寒郡鶴居村字雪裡・

字雪裡原野北二十線西

土石流

 

Ⅱ-91-0430

オンネ久著呂2の沢川

阿寒郡鶴居村字中久著呂・

字中久著呂北三十八線東

土石流

 

土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)

 急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、住民等の生命又は身体に危害が生じるおそれがあると認められる区域であり、危険の周知、警戒避難体制の整備が行われます。

〇急傾斜地の崩壊
   イ 傾斜度が30度以上で高さが5m以上の区域
   ロ 急傾斜地の上端から水平距離が10m以内の区域
   ハ 急傾斜地の下端から急傾斜地の高さの2倍
      (50mを超える場合は50m)以内の区域

〇土石流
   土石流の発生のおそれのある渓流において、扇頂部から下流で勾配が2度以上の区域

 

 鶴居村内の土砂災害警戒区域は、鶴居村ハザードマップで確認することができます。また、詳細な区域図等は役場総務課窓口で縦覧することができます。

このページの担当は

鶴居村役場 総務課
〒085-1203 北海道阿寒郡鶴居村鶴居西1-1
TEL 0154-64-2111 FAX 0154-64-2577


鶴居村の主なイベント

鶴居村移住情報

鶴居村議会

例規類集

「日本で最も美しい村」連合

  • 鶴居村は「日本で最も美しい村」連合に加盟しています。