HOME > 経済産業 > お知らせ > 伐採及び伐採後の造林の届出等の制度について

伐採及び伐採後の造林の届出等の制度について

伐採及び伐採後の造林の届出等の制度

 森林所有者などが森林の立木を伐採する場合、事前に伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行うことが義務付けられています。

 また、伐採後の造林が完了したときは、事前に伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告を行うことが義務付けられています。

(平成28年5月の森林法改正により、平成29年4月以降、伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行った方は、事後に市町村長への伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告が必要となりました。)

伐採及び伐採後の造林の届出制度についてPDFファイル(245KB)

届出の対象者

 森林所有者や立木を買い受けた者など。

 立木を伐採する者と伐採後の造林を行う者が異なる場合は、共同で提出します。

提出期間

 (1)伐採及び伐採後の造林の届出:伐採を始める90日前から30日前まで

 (2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告:造林を完了した日か30日以内

担当部署

 役場産業振興課林政係

届出・報告書の様式

 伐採及び伐採後の造林の届出書エクセルファイル(15KB)

 伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書ワードファイル(24KB)

留意事項

 村長が、鶴居村森林整備計画に適合した施業が行われるよう、届出があった計画に対し変更や遵守を命じることがあります。

 また、無届けで伐採した場合等には、村長が伐採の中止及び造林を命じることがあります。

このページの担当は

鶴居村役場 産業振興課
〒085-1203 北海道阿寒郡鶴居村鶴居西1-1
TEL 0154-64-2114 FAX 0154-64-2577

お知らせ


鶴居村の主なイベント

鶴居村移住情報

鶴居村議会

例規類集

「日本で最も美しい村」連合